海外移住者に聞いてみた

フィリピン就職のプラス面、マイナス面

マニラ湾の夕日

当サイトにフィリピンでの就職に関して質問が届きました。

質問者は、フィリピン人と日本人のハーフの方で、フィリピンで働きたいと思っているそうですが、親には反対されているようです。
この記事はその方に対する回答になります。

フィリピンでの就職のプラス面、マイナス面について

実際に私の周りにも新卒でマニラに就職した日本人はいます。

自分の経験と知り合いの話を聞く上でもフィリピンでの就職はおすすめできないことではありません。

フィリピンも日本もそれぞれの国の良さがあります。
フィリピンで働く場合と日本で働く場合のプラス・マイナスの面をそれぞれ簡単に私の観点で説明させていただきますので判断材料として役立ててください。
※もちろん働く会社が職種などによって変わってきますのでご了承ください。

フィリピンで就職することのプラス面

フィリピンの企業は若くてもさまざまなことにチャレンジさせてもらえます。

日本では、新卒で会社に入社するとまずは雑用ばっかりだったりと、責任のある仕事をすぐに任せてもらえない場合が多いと思います。

しかし、フィリピンにある日系企業に働く場合は、恐らく会社にいる日本人は数名程度ということもあり、その分、責任感もありますが日本人だからということで責任のある仕事を任せてもらえる場合もあります。ですのでやりがい・成長は日本にいる時よりも出来ると思います。

これがフィリピンで働くことの大きな魅力だと私自身は考えています。

フィリピンで就職することのマイナス面

特に新卒でフィリピンに来る場合は日本でもらう新卒レベルの給料よりも月給が低い場合がほとんどです。

生活費は日本で暮らすよりは安いので、貧乏な感じはありませんが、やはりお金は多くもらえたほうがよいですよね。

給料以外のマイナス面は、フィリピンの会社にいる日本人は限られているので、数少ない中で教えてもらい自己成長をしていかなければならないことだと思います。ただ、これはプラス面の責任のある仕事を任せてもらうことと表裏一体になっています。

フィリピン人と同等のレベルに立ってしまったら、日本人として会社もあなたを雇う意味がなくなるので、その辺りの仕事意識も大切になってくるかと思います。

私の結論

私の結論としては、1年なり数年間は、まず日本で仕事をしてみて日本の社会を知って、自立していけるお金がたまった頃に、その経験を持ってフィリピンに就職するのがよいと思います。

日本での経験を売りにできるので、フィリピンでも給料が良くやりがいのある仕事が見つかるのではないかなと思います。

また、フィリピンの就職は、日本のように、半年なり一年待って新卒入社というパターンではなくすぐに人材をほしがっていますので応募したらすぐの入社というパターンが多いかと思います。逆に言えば、日本のように新卒のアドバンテージもあまりないです。

なので、日本で一旦働いてみることをおすすめします。

フィリピンと日本に住んだ経験があり、日本語・タガログ語・できれば英語までできれば多くの企業があなたのことをほしいと思っていると思います。

また、オススメの仕事の探し方ですがマニラ無料情報誌「プライマー」が良いと思います。

プライマーの求人情報のページ:
http://primer.ph/recruit/
http://primer.ph/blog/genre/all/jobprimer160923/

私も、実はマニラに初めて来た時はこちらで求人情報を見つけました。

ただ、実際マニラに来てみると日本人募集をしている企業も多く、人を通して紹介してもらうことも多いそうです。

もし、知り合いがいるならできるだけ頼りにしてみると良いと思います。

スポンサードリンク

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Return Top