海外移住者に聞いてみた

ベオグラードで1年間生活するために必要な費用

ベオグラード在住のtako-takoさんに、ベオグラードで1年間生活するにあたって必要な費用を聞いてみました。

まずは家賃から見ていきましょう!

ベオグラードの家賃

東京と同様にベオグラードも、住むエリアによって大きく家賃がかわります。

なので、一概には言えませんが、目安として月800ユーロ程度あれば一人暮らしなら大抵のエリアに住むことができるでしょう。

中心部に近く安価な物件を探したいのであればDorćol(ドルチョル)あたりがおすすめです。

古い建物が多いですが、市内の移動や買い物には困りません。

さらに家賃を安く抑えたいのならZvezdara(ズベズダーラ)周辺がいいでしょう。

Zvezdaraは学生が下宿に利用することが多いエリアで、家賃を月400ユーロ以下に抑えることも不可能ではありません。

ベオグラードの食費

ベオグラードの食費ですが、レストランで外食をしても一食10ユーロ程度で済みます。

自炊をするのなら月200ユーロ以下に抑えることも可能です。

野菜は市場で買うと安いですが、お肉や卵などの場合はスーパーの方が安い場合もあります。

セルビアの医療費

セルビアの医療費は他のヨーロッパ諸国に比べては安価です。

特に歯科治療は、EU加盟国の人々がセルビアまで治療しに行くくらい、水準が高く価格も安いです。

公立病院が特に安いですが、設備が良くない、技術が低いという声もあります。

私立病院は、値段は上がりますが、外国人や富裕層向けに対応が良く技術の高い医師が所属していることも多いです。

ベオグラードに住むためにかかるその他の費用

一年程度でしたら携帯電話は、日本からSIMフリーのものを持っていくことを強くおすすめします。

ベオグラードは輸入品が高価なため携帯などが高額です。

プリペイド型か引き落としの月額制かで選択し、SIMを購入して利用することになりますが、通信料は日本に比べて割安です。

どれだけ利用するかによりますが、毎日ネットニュースを読んでSMSや電話を毎日数回する程度なら月額25ユーロ以下に抑えることができると思います。

日本ではかからない費用

ひとつ注意しなければならないのはセントラルヒーティングの料金です。

ベオグラードは冬の寒さが厳しく、セントラルヒーティングがなければ生活は厳しいです。

ですので、大抵の物件にはセントラルヒーティングが完備されています。

利用料を当月毎に請求されてはひと月約250ユーロと高額になってしまいます。

そのため、12分割して毎月少しずつ支払っていくというシステムを取る物件もあります。

物件を契約する際にはセントラルヒーティングの請求方法について確認しておいた方がいいでしょう。

その他の公共料金に関しては、安価なのでそこまで気にする必要はなく、50ユーロ程度で見ておけば十分です。

ただ、個人向けのインターネット設備があまりよくないため、日本で利用しているレベルの回線速度を求めるのであれば、より高価なプランを契約する必要が生まれてきます(それでも20ユーロ程度で収まりますが)。

以上です。
セルビア・ベオグラードの生活費に関するtako-takoさんへのインタビューでした。
追加のインタビューも検討しています。
もし、セルビアやベオグラードについて聞いてみたいことがあれば、コメント欄に書き込んでいただくか、お問い合わせからメッセージをください。

スポンサードリンク

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Return Top